記事の詳細

障子や畳など、和室にはデリケートな素材がふんだんにありますので、お掃除一つにしても注意して行なわなければなりません。

まず和室の壁は水を通してしまう素材になっている為、ハタキを使って埃を落とすようにしましょう。また柱に白木が使われている場合は水拭きは厳禁ですから、しっかり乾いた雑巾を使って乾拭きしてください。
更に埃が溜まりやすい敷居には、いらなくなった歯ブラシ等を使って埃をしっかりと取るようにします。
最後に畳は目に沿って雑巾掛けするのがコツですが、畳も水分を嫌う素材ですから、天気のいい日にしっかりと絞った雑巾を使ってください。
畳にシミや汚れが出来てしまっている場合は弱アルカリ性の洗剤を薄め、歯ブラシで汚れ部分を叩いたら乾いた雑巾で水分をとりましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る