記事の詳細

近年関心が高まっている生前整理は、自分にもしものことがあったときに、家族が困らないためにも実践しておくことが大切ですが、インターネット社会に生きる現代人には忘れてはならないデジタルな遺品がありますので紹介いたします。

スマホの中には、故人がデジタル機器の中にオフラインの写真や動画、メールなどのデータが残されていたり、オンラインでは有料サービスのデータやアカウント、銀行の口座情報など、ウェブサービスで使用した情報が膨大に残されているのです。

遺族がデジタル遺品の取り扱いに悩んでいるというケースは年々増加しており、写真や動画は思い出として残しておきたいですし、金銭面で関係のある物は手続きが必要ですが、スマホやパソコンにはパスワードが設定されていることが多いので対策しておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る