記事の詳細

高齢化により孤独死が増えていたり、ゴミ屋敷など問題を抱えている現代では、特殊清掃という職業の人々が必要とされていて、メディアでも話題になっていますが、その特殊清掃業務とは一体どんなことしているか知っていますか?

特殊清掃は、その名の通り清掃を行いますが、特殊な現場での作業が多く、事件などがあった現場では、腐乱した人の破片を掃除することもあり、死後数日から数ヶ月後の現場で消毒や消臭、遺品の整理や清掃作業を行うのです。

特殊清掃の現場では異臭が強くなっているため、服などに異臭が染み付いてしまうこともあり、感染症にも気をつけなければなりません。

普段、一般人には想像できないキツイ業界で、需要がある業界ですが、人手不足にも悩まされているのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る