記事の詳細

60代でパソコンを使っている人が70%を超えている中、亡くなった方のデジタル機器に残されたデータの処分についても問題になっており、またこうしたデータの残ったデジタル機器のことを「デジタル遺品」呼びます。

デジタルデータを放置してしまっていると、家族に知られたくなかった、そして遺族も知りたくなかったデータから新たなトラブルに発生する可能性もあります。
また万が一持ち主が急逝してしまった場合など、パスワードがかかっているデジタル機器に故人の友人関係のデータなどがあると、中身を見る事が出来ずに亡くなった事の連絡が出来ないという場合もありますので、生前整理においてデジタルデータの整理も非常に重要なポイントと言えるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る