記事の詳細

自身が亡くなった後、遺族達が困らないようにする為のツールとして今人気なのが「エンディングノート」です。
用意した大学ノートなどにそのまま希望を書いていっても良いですが、今では専用のエンディングノートが販売されていますので、そちらの方が漏れも無く、より詳細に希望を伝えられると思います。

エンディングノートはどんな種類の場合でも、多くがアンケートに答える感覚で記入していけますので、ちょっと時間のある時にちょっとずつ書いていっても構いません。
またエンディングノートには亡くなった後だけでなく、万が一これから介護が必要になってしまった場合の希望も書き込むことができますので、作成には決して早すぎるということはありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る