記事の詳細

高齢化社会により、様々な問題が生じていますが、孤独死も解決すべき問題の一つとなっていますが、そんな中、心の整理ができない遺族に代わって遺品の整理を行う遺品整理業者の需要が高まっているのです。

主な業務としては、故人宅に残された遺品で、家族に渡す物と不要な物に分別し、不用品の処分の手配を行ったり、整理後には室内の消毒や清掃作業も行います。

故人の発見から三日後に整理を行ったり、死後数週間後に発見された部屋の清掃を行うなど、様々なケースがありますが、孤独死の場合には親族が見つからずに不動産会社や貸し主から依頼されることも多いようです。

現在では孤独死による遺品整理の現場が増加しており、ご遺族様や故人様に寄り添っていながら、業務を遂行しているのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る