記事の詳細

部屋を綺麗にしたいなら整理整頓と掃除と洗濯が必要なので、プロが教えるラクチン掃除術を実践してみてはいかがでしょう。

普段放置しがちですが、換気扇の油汚れは日頃から掃除することにより綺麗に保つことができますから、ビニール袋を被せた段ボールとセスキ炭酸ソーダを用意しておき、換気扇が浸るくらいのお湯を入れておきましょう。

お湯に炭酸ソーダを適量入れたら換気扇を浸け置き、お湯の温度を維持するためにもビニール袋の口を縛って1時間放置します。

お風呂のカビ取りでは、直接カビ取り洗剤を吹きかけるのではなく、漂白剤を洗面器に溜めて紙紐を浸けたらカビなど汚れている部分に貼り付けましょう。

ヒモなので溝の部分の汚れも綺麗に落とすことができますし、カビの発生を予防できますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る